南野陽子さんの歌のヒットの裏に有能な作曲家あり

南野陽子さんは「吐息でネット」や「シンデレラ城への長い道のり」などヒット曲に恵まれますが、その影に萩田光雄(はぎたみつお)さんの影響が強く働いていました。

萩田光雄(はぎたみつお)さんのお写真
萩田光雄(はぎたみつお)さんのウィキペディアのページ(1)
萩田光雄(はぎたみつお)さんが作曲やプロデュースした南野陽子さんの曲目リスト

萩田光雄さんは日本の作曲家、編曲家、音楽プロデューサーです。

これまで数多くの歌手やアーティスト、シンガーソングライターの作曲、編曲、プロデュースをしてこられました。

南野陽子さんの多くの曲も萩田光雄さん作曲やプロデュースのもので、参考にした上に掲載させていただいたウィキペディアの記事にも、その数たるや書き切れないほどです。

萩田光雄 - Wikipedia

ここに書き出してみると次のようになります。

南野陽子

さよならのめまい

風のマドリガル接近 (アプローチ)

楽園のDoor

話しかけたかった

パンドラの恋人

秋のIndication(作曲、編曲)

はいからさんが通る

吐息でネット。

あなたを愛したい(作曲、編曲)

秋からも、そばにいて

涙はどこへいったの

トラブル・メーカー

他多数

最後は「他多数」と書いてあるほどです。

その他にも、もう辞書のようにあかさたな順に掲載しなければならないほど、萩田光雄さんが作曲や編曲、そしてプロデュースした歌手やアーティストの方は数多く、その中には、岡田有希子さんやわたしが高校生の頃からファンの岡村孝子さんまでもが含まれていたのには驚きました。

ご本人のお写真を見る限りの印象は温厚そうで物静かな方のように見えますが、この方が日本の音楽界に大きな影響を与えていたのは確かなようです。

デビュー当時は全くの無名だった南野陽子さんをあそこまで上り詰めさせたのは、萩田光雄さんの影響が多分に大きかったと思います。

プロデューサーと歌手というタッグで知名度を上げてきたのは、南野陽子さんばかりではなく、最近では安室奈美恵さんと小室哲哉さんという歌手と作曲家兼プロデューサーというタッグが、ヒット曲を連発していたのは記憶に新しい事です。

今も南野陽子さんの歌を聴きながらこの記事を書いているのですが、曲を作ったのは、作曲家の方で、作詞したのは作詞家の方です(当然でしたね)

その素晴らしい作曲家と作詞家とそして南野陽子さんの歌唱力がうまくマッチして、今聴いている名曲は生まれたのだなと、当たり前のことを、再認識していました。

素晴らしい音楽の影に優秀な作曲家、作詞家、そしてプロデューサーありです。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント