岡村孝子さんのDVDを聴いてます。わたしが一番聴いてて安心する歌です

今、お昼休みで岡村孝子さんのDVDを聴いていました。

DVDを聴いているという表現はおかしいですけれども、横になって画面は観てなくて、音だけ聴いてます。

岡村孝子さんの歌はわたしが一番好きな歌です。もう高校生の頃から聴いてます。

今までずいぶん気持ちを解放してくれました。とても気持ちが落ち着くんです。

枕元で聴きたかったのでポータブルDVDプレーヤーを購入しました。

岡村孝子さんはコンサートの時もとても静かに話します。それがまたいいです。

スタジオで録音したCDも好きですけれども、またコンサートとなると同じ曲でも違う曲に聴こえます。

多分岡村孝子さんの気持ちも違うからかもしれません。

岡村孝子さんのコンサートの映像はとても貴重です。

やはり作曲をなさるとなれば、気持ちが落ち着く環境にあることが大切です。

しょっちゅうコンサートやらライブやらしていたら、気持ちが落ち着きません。

それはわたしも同じです。アプリやパソコンのプログラムを仕事で作るときはやはり落ち着いた環境が必要です。

あまり外出ばかりしていては作れません。

岡村孝子さんは昨年、白血病になってしまいましたが、臍帯を移植する手術をされて、今は寛解の方向に向かわれていると聞いて本当に良かったと胸を撫で下ろしました。一時はどうなることかと思いました。

やはり、今までデビュー以来お体無理なさってきたのでは無いかと思います。わたしも無理がたたって病気になったことがあります。絶対に無理は禁物ですね。

岡村孝子さんにも無理をしないで今はお体を休めていただき養生していただきたいと思います。誰しも体が資本ですからね。

最後に岡村孝子さん、アミンの時に岡村さんと一緒にデュオを組んでいた加藤春子さんにお礼を申し上げたいです。

今、わたしが岡村孝子さんの歌を聴くことができるのは、やはり原点であるあみんあってのことだったと思います。

ありがとございます。

岡村孝子のアルバム「encore memoire(アンコール・メモアール)」

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント