WordPress記事投稿アイフォーンアプリのPressSyncはわたしにとってはちょっと最初使い方がわかりませんでした。

ワードプレスの記事は99%アイフォーンで書いています。

そのため、アイフォーン用のワードプレス投稿アプリを3つ持っています。

今書いているアプリはPressSync(プレスシンク)というアプリです。値段はわたしが買った時は610円でした。

これはテキストエディタです。

テキストエディタと言っても、<body>などと書く必要はなく、普通に書いて、写真を入れて、そして改行コート<p>を入れるために、画面の「HTML」ボタンの左側に正方形に↑矢印のマークのところを、タップすると、「マークアップ」というボタン出てくるので、それを押せば文章全部に<p>タグが付きます。

PressSyncについてわたしが思ったのは、ちょっと、クセがあると思いました。

クセを別の言葉で言うならば、ボタンがどういう機能を持ったボタンなのかが分かりづらいということでしょうか。

例えば、今この記事を書いているPressSyncの編集画面は以下画像です。

PressSyncの記事編集画面

画面中央に正方形に↑(矢印)のマークがついたボタンあり、その右にはHTMLと書かれたボタンがあります。そして、文章を書き終えて、どうすれば良いのかが、まず、わたしにはわかりませんでした。

普通なら一番右側の完了ボタンを押してまうと思いますが、わたしもそうしました。

しかしそれは間違いでした。

ます中央の正方形に↑のボタンを押して下記画像のマークダウンを押し、

HTMLのタグ<p>を自動で入れる画面

本文を変換を押して、記事の文章全体に改行コード<p>

を入れなければなりませんでした。

HTMLタグの<p>タグを自動で入れるボタン

その手順が、最初わからなかったです。

<p>タグをつけて完了ボタンを押したら、編集モードから切り替わるのですが、ボタンは画面の一番下の方に、2つあり、投稿オプションを押しました。

次の画面では、セット、というボタンと、閉じる、というボタンがあります。

カテゴリー選択画面

とりあえずセットを押しました。

そうすると、記事編集画面に戻ってきます。

ここにあるボタンは閉じる、か保存、かあとはフォルダのマークのボタンです。

保存を押してみました。

そうすると、下記画像のようにエラーが出ます。

保存に失敗した画面。エラー[403]キーワードIDが無効です、と表示される

キーワード ID が無効です、と書いてあります。

意味がさっぱりわかりません。

キーワードIDとはなんでしょう?

ここで行き詰まり、その後1週間くらい他のワードプレス投稿アプリを使っていました。

そして、再びPressSyncをやってみようど思って、開きました。

そしてやっとわかったのは、キーワードIDというのはカテゴリーのことだったのでした。

つまり、あの、セットというボタンがあったページで、カテゴリーを選択しなければならなかったのでです。

カテゴリーを選択して、また、セットを押して、そして戻ってきたページで保存を押せば、無事に投稿できました。

パソコンで使い方を調べればいい話なのですが、するぷろ Xなどのワードプレス投稿アプリは、すぐに分かったものですから、そのつもりでいました。

でも分かる人にはすぐ分かるのだと思います。

わたしにとってはクセのあるちょっと(かなり)わかりづらいアプリでした。

コメント