「マインドハンター」1話観ましたがアナ・トーブさんは出てきませんでした

マインドハンターの第1話観ましたが、アナ・トーブさんは出てきませんでした。(残念)

このドラマはどうやら、犯罪についての心理学のドラマのようです。

主人公はFBIの犯罪捜査に関する対処法を教える新米教官です。
以前(数十年前です)は、犯罪の動機がはっきりしていて愛情のもつれや、金欲しさなど動機はわかることでしたが、ここ近年の十数年至っては、動機がわからない犯罪が多いそうです。

その犯人の背景や動機を教えるのが彼の務めですが、彼自身まだ29歳と若く、現場の警察官に講義してもわかってもらえません。

何しろ、ここ近年の殺人事件の動機が不明の、非常に残酷な殺し方をされた事件現場を生で見ているからです。

そんな現場の警察官にとっては、小難しい理論など分からず、ただ、自分が見てきた残酷な殺し方で殺された被害者の姿が思い浮かぶのみです。

理論でなんとか説明しようとするのですが、結局はその主人公の教官にも、動機がなんなのか質問されても答えられませんでした。

必死で大学に戻って心理学などを学ぼうとするのですが、FBIの肩書を持つ主人公に対して大学の教授は警戒こそすれ、教えたがりません。

何かの潜入捜査かと思われている次第です。

第1話はそんな感じでした。

それにしても、私が1番観たいアナ・トーブさんは第1話には全く出てきませんでした。

しかし、事件については現場の警察官も動機がわからず混乱している様子は分かりました。

いわゆる異常者による犯行です。

最近日本でも、老人介護施設の元職員が、早く死なせた方が世のためだと思い込んで入居者の老人を次々と殺害した事件がありました。

現代は、なんの恨みも買わなくても、お金を持っていなくても殺されるリスクがある時代とも言えます。

現場の警察官はじめ、教える教官にとっても、どう対処したらいいのかがわからないということが、少し分りました。

via PressSync

コメント