アナ・トーブさん主演のドラマ「シークレットシィティ」

ドラマ「シィークレットシィティ」

ネットフリックス(Netflix)自主制作のドラマ「シークレットシィティ」を観てました。

このドラマの主人公ハリエット・ダンクリーを演じているのがアナ・トーブさんです。

以下はウィキペディア(英語)からの引用です。大まかなストーリーについての記載です。

Secret Cityは、クリス・ウルマンとスティーブ・ルイスによるベストセラー小説「マーマレード・ファイル」、「マンダリン・コード」、「シャドウ・ゲーム」に基づいたオーストラリアの政治的スリラーテレビシリーズです。 2016年6月5日にFoxtelのショーケースで、2018年6月26日に国際的にNetflixで初演されました。このシリーズは、Matchbox PicturesとFoxtelによって制作されました。[1] [2]

以上、ウィキペディア シークレットシィティより(英語)

URL:https://en.m.wikipedia.org/wiki/Secret_City_(TV_series)

アナ・トーブさんはアメリカのテレビドラマ「フリンジ」の主役として出演した人です。

わたしの一番好きなドラマでもあります。

ですので、他の作品にも出ていないか調べたらこのシークレットシィティに出ていることがわかりました。

フリンジではFBI捜査官の役でしたが、このシークレットシィティでは新聞記者の役をしてきます。

どちらも共通点があり、それは事件を解決するために奔走するということです。

このドラマの舞台はオーストリアです。オーストリアは他の西洋諸国と違って、距離的に中国に近い国です。

それだけに、中国が南シナ海に人工の島を作ったりしていることは、人ごとではなく自国の脅威になります。

オーストリアがいかに中国との関係に神経質になっているかを、このドラマを見て初めて知りました。

その点ではアメリカが中国に感じている危機感よりも、もっと大きな危機感をオーストリアは持っています。

このドラマの設定では、中国が南シナ海に艦隊を送ってきます。

そしてオーストリア政府は、アメリカ側につくべきかそれとも中立の立場をとって下手に中国を刺激しないかという二者択一を迫られます。

このあたりは日本とは状況が違う点です。

日本でしたら迷わずアメリカ側につくでしょう。アメリカと最も絆が太い同盟国と言われる所以(ゆえん)です。

しかしオーストリアにとっては距離的にもアメリカよりも中国が近いですし、アメリカとの同盟関係も日本ほど強くありません。

それで、政府与党内でも意見は二分しています。

これはあくまでもドラマですけれども、普段めったに知ることのないオーストリアの事情が少しわかったような気がしました。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント