アメリカのドラマ「ボーンズ-骨は語る」を見始めました。いきなりシーズン11からです、

アメリカで人気があったテレビドラマの「ボーンズ-骨は語る」を見始めました。

ユーネクストで配信している「ボーンズ-骨は語る」シーズン11

先ほど、これまで観てきた同じくアメリカで人気だったドラマの「フリンジ」を観終わったところです。

観終わった後なんだか孤独感を感じました。

今までずっと見てきて、登場人物がとても身近に感じられて、まるで共に行動してきたような感覚を持っていたようです。

それが終わってしまって多少ちょっと戸惑いと寂しさがあります。

それで、もう一つの私な好きなドラマ「ボーンズー骨は語る」を見始めました。

最初のシーズンからではなく、いきなりシーズン11からです。

先ほど観終わった「フリンジ」も、今、見始めた「ボーンズ」もU-NEXT(以下ユーネクスト)で観てました。

ユーネクストは映画やドラマを定額料金で観られるサービスです。

比較的新しい作品や、有名な監督の作品などは、追加料金が必要になることもあります。

幸いなことに、「フリンジ」も「ボーンズ」も追加料金なしで見ることができまさした。

昨日のブログで、主演のテンペランス・ブレナン博士を演じるエミリー・デシャネルさんの声に違和感を感じるということを書きましたが、今、改めて観てみると、昨日感じたのとは違って、ちょっとボーイッシュで少しかすれた声で、吹き替え版とは全く違う声質ですが、なんか新鮮さを感じました。

私はこのドラマは、やはり日本語吹き替え版の方が好きなのですが、ユーネクストでは吹き替え版は配信していないので、それならば、エミリー・デシャネルさんはじめ、他の登場人物もオリジナルの声で観てみようと思いました。

ユーネクストは今月いっぱいで契約解除しようと思っているので、シーズンが12もある「ボーンズ」をどこまで見ることができるかわかりませんけれども、これから楽しんでみたいと思います。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント