「エンド・オブ・ステイツ」を観てました。ランス・レディックさんの姿が見ることができました

U-NEXTで「エンド・オブ・ステイツ」という映画を観てました。

なんと、私が大好きなアメリカの人気ドラマ「フリンジ」で主人公のオリビア・ダナムFBI特別捜査官の直属の上司 フィリップ・ブロイルズ役を演じたランス・レディックさんがシークレット・サービスかFBIかの捜査官役として出てきました。

ランス・レディックさんの顔写真と経歴

全くお変わりなく活躍されている姿を見ることができて嬉しいです。

他の俳優さんは、アメリカ大統領役のモーガン・フリーマンさん以外は知らない俳優さんです。

まだ見始めて20分くらいですけれども、主人公のシークレット・サービス

のマイク・バニングがある日、大勢のシークレット・サービス部員と一緒に大統領の釣りの警護をしていたところ、突然ツバメ型の無数のドローンによって、襲われてしまいます。

瞬く間にその場にいたマイク・バニング以外のシークレット・サービス部員全員がツバメ型爆弾ドローンの爆発で命を落とします。

大統領は危機一髪、釣りのボートから爆発寸前に水に飛び込んで命は助かりますが、意識不明のまま、副大統領が宣誓をして大統領になります。

一人だけ生き残ったマイク・バニングは、近くに停めてあったドローンを発射したバンにバニングのDNAが検出されたことと、バニングの口座に多額の送金があったことから、犯人扱いされてしまいます。

この辺りまで観ました。

この映画は2016年に公開された映画『エンド・オブ・キングダム』の続編だそうですが、それは私は観ていません。

無実の罪を着せられたマイク・バニングがこれからどうやって汚名を晴らすのかが見どころだと思います。

それにしてもフリンジのブロイルズ役のランス・レディックさんをまた見ることができるとは思ってもみませんでした。

フリンジで慣らした捜査官役がぴったりとはまっていて相変わらずカッコイイです。

via PressSync

コメント