岡村孝子さんのDVDを購入しました。

岡村孝子さんのDVDはその供給量が少ないのか、アマゾンで見ても在庫がなくなっていて、中古しか取り扱いのない商品が多かったでした。

中古でもよかったのですが、新品が売っていないということもあり、値段が新品を買うより3割増しくらい高かったので、その時は購入をあきらめました。

4日ほど前にふとアマゾンで見たら、新品があと残り1枚とか、3枚とかで売っていましたので、飛びつくように購入しました。

アンコール1・2・4・6・7と、NOEL(ノエル)という1986年にパリでのロケを行って撮影された ファーストビデオと6枚一気に買いました。

今回私が購入した岡村孝子さんのDVD
岡村孝子さんのDVDNOEL
ノエル(NOEL)

上記画像のピンクの枠で囲ったところのDVDとアミン休止後86年に撮影されたファーストビデオをDVD化したNOEL(ノエル)を購入しました。

あと持っていないのはアンコール8ですが、こちらはブルーレイでしか販売されておらず、私はブルーレイのプレーヤーを持っておりませんので、今のところ購入しませんでした。

でもこれでDVDで発売されているものは全巻そろいました。

岡村孝子さんの場合、シンガーソングライターとしてのキャリアは長いのですが、その間DVDとして発売された数は少ないです。

ただしCDとして発売されたアルバムは多いです。

ご本人曰く、ビデオ撮影されるのが苦手で、コンサートの時に撮影してもらうのが一番楽なのだそうです。あまりご自身がビデオ撮影には積極的ではないということのようです。

高校生の時から聴いている岡村孝子さんですが、映像を見たのはほんの2~3年ほど前で、アンコール3を購入してからでした。

比べるのも失礼かもしれませんが、安室奈美恵さんの派手な舞台演出と何よりも安室さん自身の激しいダンスが全編を通して入っているDVDとは対照的に、岡村さんのライブDVDはその語りも演出も抑えぎみになっていて、まるでクラッシックのコンサートのように落ち着いた感じで、これが私が岡村さんのコンサートが好きな理由です。

岡村孝子さんのその物静かで控えめなところが好きですが、実は岡村さんのお父様は元市議会議員でいらしたので、、岡村孝子さんもその言葉はとても印象に残り、言葉の使い方が上手だと思います。

それと、物静かに見える一方でとても芯の強いお姿も重なって見えます。

コンサートに来たお拡散に対しての接し方もファンの方おひとりお一人をとても大事になさっている姿勢がみえます。

昨年2月には白血病になった岡村さんですがさい帯(へそのお)移植で何とか病状は回復方向に向かっているようです。

たださい帯移植の場合は術後5年間は様子を見ないと完治したとは言えないため、まだ時間がかかります。

そんな中少しでも長く音楽活動を無理のない範囲でしていただきたいです。もしくは、音楽活動が無理そうなら、これからは岡村さんが今までやりたくても忙しくてやれなかったことをこの機会に行っていただきたいです。

以上が一ファンからの願いでした。


コメント