携帯電話会社を変えました。

今は、ドコモ、au、ソフトバンクと大きな3つの会社がありますが、総務省の方針で、携帯電話会社設立の自由化が進められて、もう名前も知らない小さな、いわゆる格安SIMが出回って久しいです。

格安SIMとは、SIMという電話番号などが記録されているもので、大きさは一円玉より小さいのですが、普通大手ならこのSIMつまり電話番号を手に入れるのに、最低でも5,000円から6,000円はするのに対して、1,500円から3,000円くらいで手に入れられる安いSIM(携帯電話番号)のことです。

このたび、契約した格安SIM会社のプランは最安値で月額税込990円です。もちろん、電話もメールも使えます。SMS(ショートメッセージ)も使えます。

ただ、あまりに安いということは通話やデータ通信の品質も価格相応というケースが普通です。

例えば、ホームページを見ようとしても長時間待たなければならないとか、電話をしようとしても、特に繁華街など人の多いところでは繋がりにくかったりします。

ただ、わたしは外出先での携帯電話の利用はラインを見るくらいなので、それならなんとか行けそうかという気がします。

どちらにしても、果たしてどのくらいの品質なのかこれから使って確かめたいと思います。

via PressSync

コメント