インド・ブッダガヤ日本語クラスのJapanese Cultural Festival on 14th Aug. 2018

インド・ブッダガヤ日本語クラス(Budhgaya Nihongo Class)のお祭りが、2018年8月14日に開催されました。

日本語でのスピーチや日本語の歌を披露したユーチューブを観て、かつて私も英語のスピーチコンテストに出たことを思いだしました。

ブッダガヤ日本語クラスの生徒さんたちは、とても熱心に日々日本語を勉強されているということがよくわかりました。

私も、英語を勉強したので語学学習の難しさはよくわかります。毎日継続するのがとても大変です。

毎日勉強していても進歩は少しずつしかなく、時に全く進歩を感じられないのですが、継続して勉強していると、ある日階段を一段昇るように進歩するときがきます。これは私の場合です。

私の英語の先生はNHKのラジオ英会話で出会った東後勝明(とうご かつあき)先生でした。よい先生で、英語の面白さを感じることができ、教え方も上手で、毎回飽きさせないトークや英語の例文でした。

ブッダガヤ日本語クラスの生徒さんたちも、よい先生に恵まれていると思います。そうでなければ、ここまで上達はしませんし続きません。

下記動画は、そのフェスティバルで行われた、日本語クラスのスピーチの動画の一部です。

この動画では、日本の東日本大震災について発表されています。忘れかけていた地震の被害について思い起こさせてくれました。地震への備えについてもスピーチされています。

Budhgaya Nihongo ClassのJapanese Cultural Festival on 14th Aug. 2018はとても楽しそうで、それと同時に真剣な雰囲気が画面から伝わってきて、拝見させていただいてとてもよかったです。

ありがとうございました。

参照サイト:
フェイスブックページ”Budhgaya Nihongo Class”
https://www.facebook.com/BodhgayaNihongoClass/

コメント